CATEGORY

INTERVIEW

  • MY LITTLE AIRPORT INTERVIEW

    香港のAh P & Nicole 男女デュオによる4thアルバム『POETICS – SOMETHING BETWEEN MONTPARNASSE AND MONGKOK』の日本盤がインディ・レーベルHAPPY PRINCEさんからリリースされる予定で、現在ライナーノート執筆を行っているところです。 http://happyprince.jp MY LITTLE AIRPORTはソフトな女の子ヴォーカルにドリーミーなエレポップ〜THE PRIMITIVESみたいなノイジー・ポップ〜フレンチ・ポップの要素を感じさせるサウンドを奏でています。ファースト・アルバムでの制服姿の…
    »詳細へ

    投稿日
    2010.04.27
    カテゴリー
    タグ
  • Hello! Indie Pop Around The World – Indonesia pt.2

    FUNNY LITTLE DREAM INTERVIEW ■いつ、なぜ、FUNNY LITTLE DREAMを始めたのですか? 2007年にスタートした。私達ふたりは音楽に対して同じ価値感を持っていて、ふたりともインディポップが大好きだったから、何かやってみようと思って。 ■なぜバンド名をFUNNY LITTLE DREAMと名付けたのですか? バンドにとって一番パーフェクトな名前を考えていた。容易なことでは無かった。3日間かかった。可笑しな小さな夢、本当にあった、僕達の可笑しな小さな夢…みたいな。 ■影響を受けたバンド&アーティストは? CLUB 8が大好き。他のTWEE POPバンドと同…
    »詳細へ

    投稿日
    2010.03.22
    カテゴリー
    タグ
  • Hello! Indie Pop Around The World – Indonesia pt.1

    CLOVER INTERVIEW インドネシアから遂にFUNNY LITTLE DREAMとCLOVERのデビュー・アルバムが到着しました。それを祝してインドネシア特集を…CLOVER、FUNNY LITTLE DREAM、Erick LOVELY RECORDSのインタヴュー3本だてスタート…トップバッターはCLOVERです! ■いつ、なぜ、CLOVERを始めたのですか? CLOVERは2000年からスタートした。インドネシアには女の子バンドがあまり居なかったので、それに一緒に何か楽しみたいと思ったので。 ■なぜバンド名をCLOVERと名付けたのですか? 四ツ葉のクローヴァーが幸せのシンボ…
    »詳細へ

    投稿日
    2010.03.10
    カテゴリー
    タグ
  • David McArthur THE HARDY BOYS INTERVIEW

    THE HARDY BOYSは、1985年John Whiteによって結成。1989年に、David McArthur、Michael Bonini、Derek Mullen、Ian McLachlan5人組となりSTELLA 5 RECORDSから「WONDERFUL LIE」をリリース…当盤は現在ebayで350ポンドもの高値が付けられているレア盤となっている。1990年にはRIVER CITY PEOPLEやBABYLON ZOOといったバンドをサポート、BLUE AEROPLANESとも交流を持ち、BLUE AEROPLANESのギタリストAngelo Brushiniと、TRASH…
    »詳細へ

    投稿日
    2010.03.06
    カテゴリー
    タグ
  • Roque CLOUDBERRY RECORDS INTERVIEW

    US南部マイアミのインディポップ・レーベルCLOUDBERRYのRoqueさんの暑い熱いインタヴューです。最後には日本v.s.ペルー料理の自慢大会になってしまいました(笑)…マイアミ・ビーチで飲む冷たいレモン&ライム・ソルベ、スタミナつきそうなペルーのオススメ・ゴハン…スゴく美味しそう。わざわざ写真も送ってくれてありがと・thank you very much Roque!ドイツFIRESTATIONのUweとは毎週のようにメールでやりとりしてるほど仲良しさんで、今秋ベルリンへ行って一緒にDJするそうです。 『CLOUDBERRY CAKE PROSELYTISM』blog: http://…
    »詳細へ

    投稿日
    2009.08.06
    カテゴリー
    タグ
  • Harvey Williams ANOTHER SUNNY DAY INTERVIEW

    ANOTHER SUNNY DAYのライナー、書くこといっぱいでライナー字数内に収まらず困ってます(涙)。ナント、Harvey Williamsご本人に、インタヴューに答えていただきました(嬉しい!)。「もしTHE SMITHSが存在していなかったら、全く違った人間になっていたと思う。」って、このコメント聞けただけでも感動モノ。80年代のイギリス…大変だったんだろうけど、現地で見て・体験してみたかった…やっぱり憧れちゃいます。『LONDON WEEKEND』1曲1曲の説明もしていただきましたが、コチラはライナーで! ■ANOTHER SUNNY DAYを始めたきっかけを教えて下さい。 「まず…
    »詳細へ

    投稿日
    2009.08.01
    カテゴリー
    タグ
  • Matt Price, HARRISON INTERVIEW

    縄跳び女の子ジャケも魅力的、儚くて蒼くて美しいネオアコ名曲7インチ「THERE’S NO REFRAIN」を1984年にリリースしていたHARRISONが、自主で『DEMOS & RARITIES VOL.1 & 2』を発表。25曲もの未発表曲が約20年の歳月を経て陽の目を見ることになりました。ジャジー〜ファンカラティーナ〜ソウルの魅力を放った、素晴らしい ナンバーばかりで感激!フロントマンのMatt Priceへインタヴューしました。 http://www.myspace.com/harrisonuk1984 ■バンドHARRISONを結成したいきさつ&きっか…
    »詳細へ

    投稿日
    2009.07.07
    カテゴリー
    タグ