artist / title

MAX EIDER
BACK IN THE BEDROOM 

JAZZ BUTCHERのメンバーとしてPat Fish氏、元LOVE AND ROCKETSのDavid J氏、Owen Jones氏らと共に80年代初頭から活動をスタート。“John A. Riversプロデュース&LEAMINGTON SPAでのレコーディング”を基盤としながら、86年リリースの名盤『DISTRESSED GENTLEFOLK』を始めとして、GLASSレーベルよりコンスタントなアルバム&シングル・リリースを果たし、BIG TIMEレーベルからのリリースにより北アメリカでのデビューも実現。80年代後半CREATIONレーベルへ移籍前に脱退〜2000年に入ってから再加入し、翌年には新宿LOFTにてDISLOCATION DANCEとの来日公演が行われた。ソロとしては1987年に『THE BEST KISSER IN THE WORLD』〜その約14年後『HOTEL FIGUEROA』アルバムをリリース。約6年振り待望のサード・ソロ・アルバムとなる今作は、アルバム・タイトルが示す通り、自らのスタジオを設立してレコーディング&自主レーベルからのリリースで、心が込められまくりの正真正銘“インディペンデント”な作品。“これまでの中でベスト”“美しいメロディが一番大事”“USのソングライターによるスタンダード・ジャズ〜ジャズ・シンガーからの影響を受けている”と自ら語っている通りのサウンド。FRIENDSの新作みたいに女性コーラスをフィーチャーした美しいオープニング・ナンバーを皮切りに、ジャジー&ラウンジーな美しい演奏、瑞々しくてクリアーなメロディ、時として鳴らされる穏やかなホーン〜ハーモニカ〜オルガンの音色、よりソフト&マイルドになった優しくてロマンティックなMAXの歌声が堪能できる。インタヴュー掲載COMING SOON!
http://www.myspace.com/maxeider
http://www.maxeider.com
 http://www.jazzbutcher.com/

Artwork:
MAX EIDER / BACK IN THE BEDROOM 
Label:
Cat No.:
TDKS 001CD
Format:
CD
Price:
¥1000
カートへ
この商品のキーワード
Listenning:
  1. I WANT
  2. SWEET NOTHING

こちらもおすすめ



SITEMAP

オンラインショップ
ご利用ガイド
ブログ