artist / title

ORCHIDS THE
THE LOST STAR

ORANGE JUICEらと共に80年代スコティッシュ・インディを代表するグレイト・バンドのひとつで、(今や伝説の)サラ・レーベルに在籍していた、1986年から活動を開始したグラスゴーの5人組による4THアルバムは、セカンド・アルバム『UNHOLY SOUL』〜2007年の『A GOOD TO BE A STRANGER』までのコレクションで、ORANGE JUICEのPaul Quinnが参加。バンドのベース奏者Ronnie Borlandがプロデュースを担当。トゥトゥトゥ・コーラスがフィーチャーされた和やかな1、アンビエントな2〜80年代NEW WAVE〜エレポップ調の浮遊感溢れた3、TREMBLING BLUE STARSのような女性コーラスにブレイクがかかったイントロ〜SAINT ETIENNE「NOTHINGS CAN STOP US NOW」を思わせるヴァイオリン〜男女デュエットの穏やかなアコースティック・ポップへ変わっていくソフト&ジェントリーな4、UKソウル調の女性コーラスで始まってヴァイオリン&渋い男性ヴォーカルの哀愁ブリット・ポップ5、ハウスのリズムが取り入れられたELECTRONIC〜NEW ORDERタッチのPEBBLE RECORDS第一弾シングルとしてシングル・カット済「SHE’S MY GIRL」6、アコギのカッティング&サンプリングのハートブレイク・ソング7、さりげない女性コーラスも聴こえてくる初期CREATIONレーベルみたいな和やかフォーキー・ポップ8、ソリッドなエレポップでBELOVED〜FRAZIER CHORUS〜80年代VIRGINレーベルを思わせるクールな9、語り部で始まって映画のサントラを思わせる優雅なアレンジにFELTみたいな雰囲気〜ORANGE JUICEのようなソウルフル〜ジャジー男性ヴォーカル・スタイルの10、メロドラマティックで後半INDIAN VIBES調シタールがフィーチャーされサイケデリックなTHE TIMESを思わせる11、美しいアコギの音色とトゥトゥトゥ・コーラスでエレガントな12、ツイン男性ヴォーカルでさりげなくオルガンが鳴ってる13
http://www.myspace.com/theorchidsuk
http://www.theorchids.net/

Artwork:
ORCHIDS THE / THE LOST STAR
Label:
Cat No.:
PEBBLE 002
Format:
CD
Price:
¥1449
カートへ
この商品のキーワード
Listenning:
  1. DOOT DOOT
  2. THE GIRL AND THE SOLDIER

こちらもおすすめ



SITEMAP

オンラインショップ
ご利用ガイド
ブログ