artist / title

EMBASSY
TACKING

待望のセカンド・アルバム!スウェーデンGOTHERNBURG出身のFredrikとTorbjorn男性デュオ。現在40代の彼らにとって、THE SMITHSは偉大なる存在でマンチェスター・ムーヴメントもリアル・タイムに体現したという。ふたりが出会ったのは90年代初頭で、Fredrikは週末のDJとして活動しTorbjornはボクサーとして将来を約束されていたそうだ。裏ジャケには船に乗ったふたりの姿を観ることが出来ますが、片隅には何故かTHE HIGHBEESのレコードが…?!SUBWAY SECTがお気に入りで、ピュア・ポップとディスコを結合した音作りを目指している彼らの新作は、先行シングル・カットとなった「SOME INDULGENCE」で元気に幕開け。歯切れ良いアコースティック・ギターのカッティングと、ポジティヴ・フィーリングを持った瑞々しいメロディによるポップ・サウンドが続き、シングル「INFORMATION」も収録。デビュー作『FUTILE CRIMES』の素晴らしさを受け継ぎつつ更にグレイド・アップしていてホント嬉しい。メロディの時代・80年代から音楽に入れ込んでいた彼らの、ねんき入った音楽センスが光りまくりの作品。必聴!

Artwork:
EMBASSY / TACKING
Label:
Cat No.:
SERV 024
Format:
CD
Price:
¥1869
カートへ
この商品のキーワード
Listenning:
  1. TIME'S TIGHT
  2. STAGE PERSONA

こちらもおすすめ



SITEMAP

オンラインショップ
ご利用ガイド
ブログ