artist / title

WINDLESS GATES THEE - ALVYSINGER
SPLIT SINGLE

「90年代日本の代表的ネオアコ・バンドで活動していた下田氏がTHEE WINDLESS GATESとして再始動となった。
コツコツとネオアコ作品を自主で制作し続けている北海道在住ALVYSINGER小野氏が、憧れの下田氏に“スプリット・シングルを作ろうよ”のラブコールで遂に実現!!!
 まずTHEE WINDLESS GATESについて。元JOHNNY DEEと云うより、大学時代にやっていたビート・バンドTHE WAVEのメンバーが母体である。地元(熊本周辺)で盛んにライブを行っているようだ。山元氏による(ビート・バンドが好きらしい)タイトなベース、益田氏のドラムはビートっぽさを意識しつつも、ジャズ的なアプローチも隠し味的なセンスがカッコいい。そこへネオアコ番長、下田氏の相変わらずなメロディーメイカーぶりと、蒼いギターが絡み付き極上のアンサンブルが完成した訳だ。
 一方のALVYSINGERは96年にデュオ形態で活動していたTHE TIME CAPSULESが途中から改名。今、北で最も熱いネオアコを奏でる(途中まで2人組)小野氏によるワンマン・バンド!!あのウディ・アレンの名作映画『アニー・ホール』の主人公の名前からとったネーミングは、日常の中の笑いや悲しみ、怒りなどを普遍的なメロディで表現しようという意気込みでつけたそう。」…上記ライナーノート抜粋

熊本出身の元JOHNNY DEE〜JOHNNY JOHNNY〜101 DALMATIANSの新スリー・ピース・グループTHEE WINDLESS GATESと、北海道出身の元THE TIME CAPSULESによるALVYSINGERのスプリット・シングル。
THEE WINDLESS GATES:JOHNNY MARRしてるジャングリー・ギター&ポップなメロディのトラキャン〜THE PALE FOUNTAINSしてる1、80年代〜90年代初頭の香りプンプンなギターポップ・サウンドの2
ALVYSINGER:THE HEPBURNSを彷彿とさせるジャジー・インディの1、ST. CHRISTOPHERやTHE FIELD MICE、THE SMITHSを思わせる正統派インディ・ポップの2

Artwork:
WINDLESS GATES THEE – ALVYSINGER / SPLIT SINGLE
Label:
Cat No.:
NONE
Format:
CD-R
Price:
¥800
カートへ
この商品のキーワード
Listenning:
  1. THEE WINDLESS GATES / DON'T LET ME DOWN
  2. ALVYSINGER / KING OF LOVE

こちらもおすすめ



SITEMAP

オンラインショップ
ご利用ガイド
ブログ